モモの旅日記

大学卒業後資金を稼ぎ、2018年から世界一周の旅に出ます桃井拓也と申します。ご愛読ありがとうございます。今はお金貯めます。

鳥の鳴き声と扇風機の音

目が覚めた。

髪はボサボサ。

肌はベトベト。

 

昨日は帰宅した直後

ベッドにダイブした。

 

昨日の飲みは友達の弟と飲みだった。

そしたら、何故か三男も来た。

多い方が楽しいから何でもよい。

 

鈴の木からのありがとうを

予定していたが、

何故かありがとうからの保原食堂からの

鈴の木という素晴らしいゴールデンルートに

なってしまった。そして同時に

少しだけではあるが、財布が薄くなった。

 

財布薄くなっても、増えるけど、

髪の毛は薄くなったら、ハゲなんだぞ。

と下の部屋から聞こえそうである。

 

程よく気持ちよく飲めた。

保原食堂に泉川もあって、

飲めたし、何故か幼馴染の礼菜が

彼氏と来たし…。

 

彼氏が出来るとフットワークが重くなるという情報はどうやら本当のようだ。

 

昨日には、飲みの迎えを頼んだが

お出かけするから無理と言われた。

 

結婚式に呼ばれる僕の身としては

やっぱり、彼氏と絡んでおくべきだったと今になって後悔している。

 

流石に酔っ払ってる人に挨拶されても

何も伝わらないだろうから後々

挨拶を交わすだろう。

 

地元保原で飲むと、格安で飲める気がする。

どこかで桃井割が効いてるのかもしれない。

現に鈴の木では、中瓶をサービスしてもらった。

 

保原食堂では、もっきりタプタプに。

 

ありがとうは、店長イケメンだし

お客様もいなかったし良しにしよう。

 

最近、仕事終わりにYouTube

見てしまう習慣がついた。

 

そこで、有田とマツコのなんとかが

はまっている。内容としては対照的な人の討論だ。

例えば、自動車ディーラーVSガソリンスタンド的なスタンスである。

 

そこで一つ気になったのが、

社長とニートの題である。

20代時に色んなことをするのは良いけど、

20代こそ奴隷のように働かないといけない

この言葉が身に染みた。

 

奴隷という定義があまり分かっていないが

ブラック企業だと、月500時間働いてると聞く。

 

そんなことを思うと、月300時間も

働いてない僕は幸せ者であるし、

まだまだ奴隷になりきれていない。

 

ある社長さんは、中学校卒業し2年間で

700万貯めたそうである。

中には危ない仕事もあったらしい。

1日3時間程寝てあとは仕事。

それを3ヶ月?続けたらしい。

 

今は年収3000万。しかも同級生。

 

そんな気持ちで仕事と向き合いたい。

 

有田とマツコ以外にも見るものもある。

それは森脇TVだ。元猿岩石で有吉さんの相方によるYouTubeである。

 

ヒッチハイク企画を見て、なんだか

楽しそうだ、日本って良いな。優しいなって

改めて感じるチャンネルであった。

 

なんだか、この2017年も挑戦してみたい気持ちもあるが、いつだって出来てしまうヒッチハイクをこの奴隷習慣に充てるのは勿体無い気がした。

 

そんな事を考えていたら

タイマーにしていた扇風機が止まり、

愛犬ジョンがベッドに入ってきた。